倉庫という隠れ家

手創り倉庫は、在庫場所・加工場・デザイン室・・・ARTCREWの基地なんです。





SR311の4

しかし・・・毎日暑いですね・・・
連日我が倉庫は30度を超える猛暑です。
こんな暑い日が続いても、好きなことはやってしまうんですね〜!

H川さん今日も頑張ります!
SR311 Fairlady 2000

まじで敬服します。
凄まじい集中力!!何かやり始めた!と思ったらあっという間に仕上がっていきます
このきれいにオーバーホールされたSOREX44。
わたしが板金をモタモタしてるあいだに、ボンネットの中が出来上がってしまいました!すばらしい!!

T一朗君もがんばってます。
T一朗君の最新作!510クーペ。
なんとも味わい深い車ですね。雰囲気あります。
ホワイトリボンタイヤで車高をグッと下げたらカッコいいやろなぁ・・・

好きこそモノの・・・
いやぁ、愉しい!

posted by hiroyuki nakagawa 03:43comments(0)trackbacks(0)pookmark





甦れ!Chair。

気に入ったモノはいつまでも一緒にいたいもんですよね・・・

でも、カタチあるものは必ずと言っていいほど崩れてしまいます。
新しいモノに買い替えるもよし!
でもその前に、少しだけ考えましょ。

そのモノとの想い出。
親しみの安堵感。
・・・もったいない。
出来ればもいちど・・・

お客さまから今回アンティーク レザーチェアーの修理のご依頼がありました。

革が硬化してしまい、アーム部、座面の革の破れがひどく、クッション材もちぎれています。

修理のご紹介です。



内部の状態を確認する為、とりあえずシートをめくります。
ピンを抜き、タッカーの針をすべて取り除きます。

幸い、フレームはガッチリ!ベルトもまだまだがんばれそう!

フレームキズをタッチアップし、上塗り塗装後


クッション材を入れ替え、新しい革を張っていきます。


真鍮ピンも新調します。・・・すでに手に入らないモノは磨いて再生します。

革の張り具合をみながら、前後左右斜め・・と張ります。
両手を必死に使う為、写真が撮れません・・・



完成!
あとは磨いてお客さまのもとへ帰るのを待つばかり。

是非!捨てる前に一度相談してみてください。


私、がんばります!
自分のお気に入り、甦らせましょう!
posted by hiroyuki nakagawa 01:10comments(0)trackbacks(0)pookmark





SR311の3

次はフェンダー!

おぅ!!サビ!
切ってしまえ!

あらら・・・下全部ダメでした。
どうしよ・・・

SRは下部がすこしひろがったシルエットがカッコイイんですよねぇ。
フェンダーエンドも手が抜けませんなぁ・・・


うまくアールがあってくれません。

えぇーい!溶接してしまえ!


ボディーに当ててみてステップになんとか合わせました。
POR塗って、完璧!!・・・かな?!




たまにセリカも触ってやらんとね・・・


posted by hiroyuki nakagawa 02:33comments(0)trackbacks(0)pookmark





SR311の2

ちらかし
始まりました。
とにかく無くなったサイドシルをなんとかしないと・・・



4つぐらいにパーツを分けて作ることに・・・
例のスチール棚を叩いて・・汗!叩いて・・・汗!!

半自動で溶接していきます。
まだまだへたくそな私、穴があいてしまう事もしばしば。

すいませ〜ん!H川師匠!!


なんとかかんとか・・・かたちになりました。
PORを塗って穴があいてしまった部分をグラスウールで塞ぎました。

ちょっとだけ!ひと工夫!
パーツを作るとき、泥水が溜まりそうな所にテーパーをとりました。
どうか腐りませんように・・・
posted by hiroyuki nakagawa 00:27comments(0)trackbacks(0)pookmark





SR311!!!

今年に入ってから、たくさんの旧車友達ができました!
510クーペ・ケンカワイパーの510・箱スカ・ケンメリ・Z・330などなど・・・
どれもこれもツワモノ揃いで
なんと!SRターボスワップの510までいらっしゃいますmm

最近になり、一緒に車をいじくらせてもらう機会が増え、毎晩 居酒屋”チ”で車談議に花が咲いております。


そんなさなか・・・
ついに!SR311がお出ましになりました!!
倉庫に来たSR
・・残念ながら、わたしのではありません。

メカチューンZとSRブルのオーナー!H川師匠の車です。

セリカと共にSR大好きの私も是非!修理に参加したい!!
という訳で、SRは溶接機のある我が倉庫に参上されたのです。

さあ!気合を入れてレストアするぞ!
さあ!板金するぞ!


パテこれ・・・パテです。なんと厚さ1.2cm!

さび凄まじい素材感!40年を超える歴史を感じる余裕がありません・・・

切り取り思い切って切断です。切っても切っても錆が出てくる!!
あららこんな事になってしまいました・・・まるで設備配管みたい!
左側のサイドシル、フェンダーが溶接されてた事と腐食で原型がわかりません・・・
私になおせるでしょうか???

スチール棚
スチール棚の棚板です。
これを切って!叩いて!板金するぞ!!おぉー!!
posted by hiroyuki nakagawa 01:54comments(0)trackbacks(0)pookmark