倉庫という隠れ家

手創り倉庫は、在庫場所・加工場・デザイン室・・・ARTCREWの基地なんです。


<< SR311の3 | main | SR311の4 >>



甦れ!Chair。

気に入ったモノはいつまでも一緒にいたいもんですよね・・・

でも、カタチあるものは必ずと言っていいほど崩れてしまいます。
新しいモノに買い替えるもよし!
でもその前に、少しだけ考えましょ。

そのモノとの想い出。
親しみの安堵感。
・・・もったいない。
出来ればもいちど・・・

お客さまから今回アンティーク レザーチェアーの修理のご依頼がありました。

革が硬化してしまい、アーム部、座面の革の破れがひどく、クッション材もちぎれています。

修理のご紹介です。



内部の状態を確認する為、とりあえずシートをめくります。
ピンを抜き、タッカーの針をすべて取り除きます。

幸い、フレームはガッチリ!ベルトもまだまだがんばれそう!

フレームキズをタッチアップし、上塗り塗装後


クッション材を入れ替え、新しい革を張っていきます。


真鍮ピンも新調します。・・・すでに手に入らないモノは磨いて再生します。

革の張り具合をみながら、前後左右斜め・・と張ります。
両手を必死に使う為、写真が撮れません・・・



完成!
あとは磨いてお客さまのもとへ帰るのを待つばかり。

是非!捨てる前に一度相談してみてください。


私、がんばります!
自分のお気に入り、甦らせましょう!
posted by hiroyuki nakagawa 01:10comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://bossblog.artcrew-01.com/trackback/1251192